共立陶業株式会社
松本 石亭 (満智代)

〒605−0952
京都市東山区今熊野宝蔵町70

TEL:075−561−3339

FAX:075−541−6529

1925年 京都東山山麓京焼清水焼の地に生まれる
1947年 京都工業専門学校(現 京都工芸繊維大学)卒業
1948年 父 初代石亭に師事
1953年 全国陶磁器大展覧会にて通産大臣賞受賞
1977年 伝統工芸士に認定される
1987年 京焼・清水焼展にて伝統工芸振興会会長賞受賞
       その他数回受賞

 初代石亭は石川県九谷焼の地に生まれる。京都移住後、宮永東山工房に入り、国立陶磁器試験所に入所。昭和9年に独立。
 高級食器、茶華道用具、更に全国一流料亭食器を製作。

 二代石亭は、中国宋代・明代の良さを学び、現在の科学的原材料の組成成形、低高火度焼成、釉・絵の具を改善。
 非常に複雑な鋳込み成形、精細な陽陰刻、含金の釉裏紅、白高麗、中国官窯の呉須、木米風交趾等に手を染めている。

『窯元データ』
窯元からの直接購入の可否 工場見学の可否 陶芸教室の有無
可能 平日(月〜金曜日)のみOK 無し
※窯元を訪問される場合はできるだけ事前の電話連絡をお願い致します。
※陶芸教室がある窯元の場合、その詳細に関しては個別に電話にてお尋ね下さい。

ホームページへ