高野 昭阿弥 (進二郎)

〒605−0953
京都市東山区今熊野南日吉町148番地

TEL:075−561−5566

FAX:075−541−3208

一、初代昭阿弥は五条にあった柴田如阿弥に弟子入りし、28歳の時、今熊野の地にて独立して、師より昭阿弥の号を受ける。
  当初は煎茶道具を作っていたが、抹茶道具も手がけるようになる。

一、二代目は大学卒業後、初代の下にて仕事覚える。

一、平成5年 二代目となる

一、主に、磁器による抹茶、煎茶道具、食器、香道道具の染付、祥瑞、色絵、交趾の商品を作る。

一、昭和55年 初代と共に50周年記念展を催す。

一、黄檗陶匠

一、京都市生まれ
『窯元データ』
窯元からの直接購入の可否 工場見学の可否 陶芸教室の有無
不可 不可 無し
※窯元を訪問される場合はできるだけ事前の電話連絡をお願い致します。
※陶芸教室がある窯元の場合、その詳細に関しては個別に電話にてお尋ね下さい。

ホームページへ